結婚式の二次会はロングドレスがおすすめ

20代や30代の女性は結婚式に出席する機会が多く、少なくても5回、多いと20回以上出席します。もちろん時期はその人によって異なりますが、20代後半から30代前半が一番多くなります。結婚式に出席する場合、披露宴、二次会両方出るときと二次会だけ出るときがありますが出席しているうちに同じドレスに飽きてきてしまったり、他の人と同じようなデザインでかぶることも多いです。そんな悩みを持っている人におすすめなのが、ロングドレスです。ロングドレスというとマダムの世代であったり、海外の芸能人が着ているイメージがありますが実際はヒールのシューズを合わせれば意外と誰でも着こなしやすいアイテムです。特に20代後半以降のちょっと色気が欲しいという女性にぴったりです。

初心者におすすめのデザインとは

とはいえ、いつもワンピースやオールインワンを着ていたところをいきなりロングドレスに変えるのは少し勇気がいるものです。バランスがとりにくいですし、セクシーなデザインのものだと浮いてしまうのではないか、と思ってしまいます。そのため初心者におすすめなのは、ネイビーやグリーンなどの着こなしやすいカラーのスタンダードなデザインのものです。レッドやピンク、イエローなどのドレスももちろん素敵なのですが着こなすのは少し難しいので、ネイビーやグリーンの方がおすすめです。デザインとしてはそこまで露出度の高くないもので、レースなどがあしらわれたものだとガーリーな雰囲気になるので着やすいです。くるぶし丈よりもふくらはぎぐらいまでの丈の方がチャレンジしやすいでしょう。

上級者はとびっきりおしゃれなものを

何度か着たことがあり、もっといろんなドレスが着たい、という人にはとびっきりエッジの効いたものがおすすめです。二次会であれば多少の露出度はオッケーなので、下品にならない程度であれば背中があいていたりスリットが入っていても問題ないです。特に背が高い人ならくるぶしまである長めの丈のものだとより妖艶に着こなすことが出来ます。また、ヘアスタイルは必ずアップにするようにしましょう。おろしたままだと夜のお仕事の人のように見えてしまうことがあるので、注意です。シニヨンなどのスタイルが嫌という人はサイドに流すスタイルもおすすめです。セクシーでスタイルよく見せることが出来ます。上級者は周りの人ではなかなか着られないような大人っぽい雰囲気のものにチャレンジしてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加