豊富にあるロングドレスデザイン

エレガントな雰囲気をイメージさせるドレスですが、そのデザインはかなり豊富にあります。シルエットの形から柄、色や胸元までその人の体型や着るシチュエーション、ニーズに合わせて選ぶ事ができます。 ドレスを着るシチュエーションは意外に多くあるのですが、多くの方が着る機会があるのにもかかわらずスーツやワンピースで済ませてしまいます。しかし、女性らしさの演出できるせっかくの機会、特別な時だからこそ着るものなのではないでしょうか。 最近では、店頭にわざわざ出向かなくてもインターネット通販を利用して購入することができるのですが、実は店頭に無いようなものや様々な店頭を回る事なく多くのドレスから比較して検討し、購入すれば自宅に届くので効率的にドレスを買う事ができます。

豊富な形とそのシチュエーション

一言でロングドレスといっても、その形は様々なものがあります。まずどんなシチュエーションでも着用できるものとして「スタンダード」で、ボディラインに沿った形でエレガントさを演出できるものです。次に、オーケストラやステージに立つ方やそういった場に出向く際にぴったりな「Aライン」で、シンプルなものとゴージャスなものがあります。ハイウエストになっており脚長効果が期待できるものです。また、こういった機会には、バスト下で切り替えてされている「エンパイア」や「プリンセス」タイプも良いでしょう。そして、ナイトビジネスやパーティーに良く選ばれる「マーメイド」は、膝までボディラインに沿っており、膝下は人魚をイメージさせるように広がっているタイプです。スタイルを良く見せる効果があります。また、若めで元気でキュートなイメージを演出できる「ハイ&ロー」は、前が短く後ろが長いタイプで、個性を演出するのに適しています。

ロングドレスの着こなし、最大限に魅力を引き出す

長いドレスの多くは、身長サイズの記載より長めに設計されています。それは、身長が低い方でも背が高く、足が長く見える効果を目的としている側面からです。したがって、ロングドレスを着るときはヒールの高い靴を履くようにします。また、セクシーさやエレガントさをイメージさせるように胸元が開いたデザインが多いのですが、胸の大きさに自信がない方には、谷間を作るためのヌーブラを利用する、または、ショールやボレロでカモフラージュするのも一つです。これらは、胸元だけでなく、二の腕もカモフラージュ出来るのが効果的です。さらに、髪型も重要な要素になります。スリムタイプのドレスであれば、スタイル良く見せるために髪型をアップなどにしてすっきりさせる、ゴージャス感のあるものならボリューミーな髪型が適しています。そして、バックはクラッチバッグが適しています。ドレスを引き立たせるような派手過ぎないものを選ぶのが基本です。 ドレスを着るときは、ドレスのみでなくアイテムや髪型メイクなどのバランスを総合的に合わせる事でより魅力的に演出できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加